サモア中央銀行、仮想通貨の投資リスクを警告

ニュース

サモア中央銀行の警告声明とは


サモア中央銀行は、仮想通貨が法定通貨として認められておらず、銀行によって発行または規制されていないと警告する公的声明を発表しました。

銀行は仮想通貨を法定通貨として受け入れていないことに加えて、それらに投資することは本質的に非常に危険で投機的であると述べています。

同銀行の声明によると、

「仮想通貨のいずれかに投資する人々は、自己のリスクでこれを行う」

と述べました。

仮想通貨が交換通貨として受け入れられるか、またはその価値を保持するという保証はなく、中央銀行は、現在、ビットコイン、ワンコイン、またはサモアで宣伝されているが、規制を受けていない仮想通貨は支持していません。

したがって、中央銀行は誰にも投資することを勧めていないのです。

中央銀行はまた、サモアのマネーロンダリング防止法のように、仮想通貨を普及させる者は誰でも金融事業者とみなすと警告しています。

金融事業者は、サモアで発行された有効なビジネスライセンスを取得していなければならず、中央銀行の金融機関の報告要件に従うことを要求されていることを意味しています。

同銀行は仮想通貨に疑念を持っていますが、ブロックチェーン技術の可能性を認識し、それを研究していると付け加えています。

サモアの中央銀行による声明は、市民に危機的かつ大部分規制されていない資産に投資するリスクを警告しようとしている点で、世界中の他の多くの中央銀行の声明と似ているが、ポンジスキームで有名なワンコインについては興味を示しています。

現在のワンコインの詐欺は、ドイツ、インド、そして最近中国を含む多くの国々の計画の撤廃に続き、太平洋諸国の岸辺に到達し、サモア人を誘致しようとしています。

Samoa’s Central Bank Warns Cryptocurrencies Are not Legal Tender - Cryptovest
The cryptocurrencies are not recognized as money and those who wish to promote them must have a license for a financial institution.