ShareLock ICO評価

ICO評価

ShareLock について

ShareLockはP2Pで自転車のシェアをするためのプラットフォームを構築します。

個人の自転車オーナーが貸し出している自転車はすぐロックされるような装備をされ、完全なGPS追跡機能も装備されるため、オーナーは安心して貸し出すことができますし、非常に高い安全性を提供できます。

ユーザーが支払うレンタル料の80%はオーナーへ、残りの20%はShareLockへ流れます。

また、ShareLockはサイクリング市場の成長と健康を奨励し、環境問題や都市部の交通渋滞を緩和することも目的にしています。

そのために、このプロジェクトではドイツで自転車の製造し、提供することも計画しています。

ShareLockのプラットフォームを通じて、お客様に収益創出の新しい可能性を提供します。

 

ICOの詳細

ShareLockの公式HPhttps://share-lock.de/en/
PRE ICO時期2018年7月1日〜8月1日
ICO時期2018年8月1日〜8月31日
ハードキャップ1,500,000 EUR
ソフトキャップ不明
シンボルティッカーSHX
総発行枚数500,000,000
売り出し枚数375,000,000

 

参加可能通貨はETH、BTC、Euro、USDです。プレセールから、メインセールの終わりまでにトークン価格は5段階で上がっていきます。

 

プロジェクトチームの印象は?

Santo Freese
CEO & Founder

CEOは若いころから、世界をより良いものに変えていきたいと考えており、その中で今回のプロジェクトを構想し、開発に力を入れています。

しかし、とくにすごい経験や実績があるメンバーがいる印象はなく、総合力で開発を行なっています。

 

総評

日本でもそうですが、個人間の貸シェアサービスが普及してきてます。このプロジェクトは自転車のシェアサービスですが、ドイツで展開されます。

ドイツと言えば、車なので自転車ユーザーがどの程度いるのか気になりますが、ドイツではサイクリング人気が高いので、このサービスが普及する可能性は大いにあると思います。