シンガポールのICO事情と今後の成長

ニュース

ICOが成長する背景とは


ブロックチェーンと暗号通貨愛好家の間では、シンガポールが他の多くの先進的な法域と比べてよりオープンなアプローチを業界に向けて採用していることがよく知られています。

初心者にとって、シンガポールがセキュリティトークンとユーティリティトークンを区別した世界でも数少ない場所の1つです。

ICOの概念は今では公用語集に入っており、通常はブロックチェーンベースのプロジェクトを実行している人々のチームによるクラウドファンディングの一種です。

しかし、トークンの公衆への販売は、米国の証券取引委員会やマレーシアの証券委員会を含むほとんどの管轄区域では、証券法違反と見なされています。

ここで重要なのは、シンガポールがICOの主導的な市場として浮上したことです。

これは、暗号通貨に関する新しいWebサイトの数による未確認の統計に基づいています。

ICO Benchと呼ばれるサイトでは、シンガポールで登録された420のICOによってなんと2億USドルが集められ、そして2018年11月の月だけで、島の国家のICOによって5,100万USドルが集められたと発表しています。

これは多くの点で驚くべきものです。

一部のICOは完全な詐欺行為であることが証明されています。

ほとんどのプロジェクトが、ブロックチェーンベースのサービスを使用して実際のコミュニティを構築したことはほとんどないのです。

基礎となるブロックチェーン技術自体は、スピード、情報処理量、および使いやすさの観点から、実社会での使用にはまだ向いていません。

 

誰がICOに投資しているのか


では、誰が20億ドルをICOに投資しているのでしょうか。

そして、そのお金はどこへ行ったのでしょうか。

いくつかの有名なベンチャーキャピタル会社が、有望なブロックチェーンベースの新興企業の株式に投資しています(ICOに投資はしていません)。

これらは主にブロックチェーンの世界のためのインフラストラクチャの構築に関与しているものです。

シンガポールでは、ファンドマネジャーやウェルスマネジャーとの小切手に基づいて、多くのシンガポール人がICOに投資しているわけではありません。

少数の個人投資家がICOに資金を投入している可能性がありますが、その額は少なくなければなりません。

事実、ICOがシンガポール国民に気軽に宣伝されることは許されていません。

シンガポールを拠点とする多くのICOは、シンガポールの投資家の参加を明確に除外しています。

シンガポールを拠点とするICOプロジェクトの多くは、実際には他の何らかのオフショア手段を通じて資金調達を行っています。

シンガポールの銀行が暗号通貨タイプのクライアントを楽しませないことはよく知られています。

しかし、その資金の大部分は、オフィスの賃貸料や給与という形で、プロジェクトに資金を供給するためにシンガポールに戻ってきます。

シンガポールにはかなりの数の技術者がいて、海外駐在員にとって魅力的な場所です。

そして、助長的な規制環境は、プロジェクトがシンガポールに立地することを促進します。

しかし、シンガポールに登録されたICOへ20億USドルを投資した投資家が誰であるかは不明のままです。

これらの資金源からどの程度のレベルのチェックが行われたのか疑問に思います。考えられる原因の1つは、暗号通貨マイナーです。

多くの流動性が中国やロシアのような国々のマイナーから生じることは、暗号通貨の分野ではよく知られています。

これらは主に、マイニング活動に対してビットコインとイーサリアムで報酬を得ているマイニング業社です。

そして、暗号通貨の取引が違法である中国の場合、これらのグループは自分たちのビットコインを他の暗号通貨に変換する手段を使う傾向があり、ICOへの投資はそうした方法の1つです。

シンガポールのプロジェクトからのこの20億米ドルの資金調達は、信頼できる情報源から提供されたデータではありません。

しかし、その半分が事実だと仮定しても、それは膨大な量です。

2018年上半期には、シンガポールで7件の新規上場(IPO)が行われ、合計で5億4,800万シンガポールドルが調達されました。

それとは対照的に、ICO Benchによると、11月だけでシンガポールを拠点とするICOによって5,000万米ドル以上が調達されたと発表しています。

いずれにせよ、シンガポールへの積極的な事業展開は、そのICO募金の一部が野心的なブロックチェーンベースのプロジェクトに資金を提供するためにシンガポールに流れていることです。多くのブロックチェーン開発者の仕事がシンガポールで行われています。

それから、マレーシアのような国々は、ICO革命を受け入れ、必要な予防策を講じたとしても、その恩恵を受けるべきです。

 

ICOに取って代わる新しい一手


そして今、シンガポールの規制当局は、ICOに代わる次の大きな課題と考えられているセキュリティトークンオファリング(STO)のガイドラインを考え出すことに懸命に取り組んでいます。

STOの概念は、より優れた投資家保護を提供するトークン販売により多くの証券法タイプの保障措置を組み込むように設計されています。

シンガポールはSTO革命を受け入れる準備を進めています。 ICOとは異なり、STOはより安全で、よりよく統治されており、より正当な資金を自社製品に引き付ける可能性があります。

マレーシアのような国はこの機会を逃してはいけません。
隣国の状態に倣って、成長していくことが大事です。

Singapore’s ICO gamble - Business News | The Star Online
IT is well known among blockchain and cryptocurrency enthusiasts that Singapore has taken a more open approach toward that industry compared with many other adv...