ブロックチェーン導入の太陽光発電の急増に備えるタイ

ニュース

ブロックチェーン発電に新しい規制


タイの急速に拡大している小規模な独立系太陽光発電事業者は、エネルギー管理会社が策定した新しい規制の中で、ブロックチェーン技術による競争が国有企業に及ぼす影響を抑えるために追加料金を支払うよう求められています。

エネルギー規制委員会委員のビアグラ・ジラプラディットクール氏によると、タイの発電事業者は、屋根にソーラーパネルを備えた家庭を含む独立した発電を有する数の増加に適応するため新しい規制を考える時間を緊急に必要としています。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を支える分散型のブロックチェーン技術は、ユーザー間の取引を記録し、他のすべての取引を改ざんすることができない分散型台帳は、余剰電力を売買するP2P取引を行うことができます。

バイラグラ氏は、国有電力ネットワークの保守とセキュリティに重点を置いて、自らの収益創出活動を削減しなければならない国家公共料金への技術の破壊的効果を挙げています。

ますます多くの上場企業が自社所有の屋上ソーラーシステムから利益を得ることを支援するためにブロックチェーン技術を使用しており、実際にはEGATや他のエージェントを市場から切り離しています。

 

電力企業のブロックチェーン技術の取り組み


国営石油精製業者Bangchakの子会社であるBCPGは最近、バンコクにブロックチェーン・ソーラー・パワー・システムを提供する不動産開発会社Sansiriと提携しました。

BCPGの屋上パネルは、地元のショッピングモールや近隣のコミュニティで使用される635kWの電力を生産すること可能です。

同国の最大の不動産グループの1つであるSansiri社の上級役員であるUthai Uthaisangsuk氏は、

「これはASEANで初めてのブロックチェーン技術を備えた最初の太陽光発電システムであり、試験的なプロジェクトである」

と語りました。

BCPGの協力を得て、Sansiri社は今後数年間で20のプロジェクトにサービスを拡大する予定です。

屋上ソーラーパネルを設置する石炭鉱山Banpuの子会社であるBanpu Infinergyも、需要の増加に対応する独自のブロックチェーンプラットフォームを開発中です。

他の東南アジア諸国もエネルギー分野でブロックチェーン技術を実験しています。

シンガポールのスタートアップElectrify社は、この技術を利用してP2Pのエネルギー取引市場を開発しています。

Thailand braces for surge of blockchain-enabled solar power
Regulator weighs fee on households as peer-to-peer energy trading threatens state utility