韓国で匿名通貨を利用したドラッグ売買に関与したとして9人が逮捕

ニュース

ドラッグ売買に匿名通貨を利用


Korea Heraldの報道によると、韓国当局は最近、暗号通貨を使ってオンラインで麻薬取引をした罪で9人が逮捕されました。

12月23日、ソウル中央検察庁は、容疑者がダークネットを使用し、麻薬を売るためだけのウェブサイトを開設し、9人の逮捕者は20代と30代です。

”Shin”という名前で登録されているWebサイトの所有者も、逮捕された一人です。

ダークネットWebサイトは一般にアクセス可能なインターネットから隠されており、これらのサイトにアクセスするにはTorのような特別なツールやブラウザが必要です。

これらのウェブサイトは多くの暗号化のレイヤー構造を持ち、彼らの運営者とユーザーには匿名性を提供します。

そのため、このようなインターネットは、武器、麻薬、または違法なコンテンツを扱う犯罪者の間で非常に人気があります。

”Shin”のウェブサイトは数ヶ月間で636人のメンバーを持ち、50回のドラッグ売買を仲介しました。

当局は悪名高いWebサイトを閉鎖しました。

韓国では初のダークネットを利用したドラッグ売買に関する逮捕となりました。

逮捕されたディーラーはまた大麻を栽培し、自身のハシシ(大麻)を売ったと告発されています。

彼らはまたLSDやMDMAのような他の国々からの向精神薬を密輸し、それらをウェブサイト上で売りました。

検察官はまた、ウェブサイトの所有者とプログラマーにマリファナを喫煙したとして告発しています。

 

麻薬売買額の規模と匿名通貨の関係


ディーラーはDarkCoin(ユーザーに匿名性を提供するために開発された暗号通貨)をトランザクションの作成に使用していました。

検察官は麻薬取引によって生み出された1億ウォン(88,700ドル)を保護しようとしています。

ドラッグと暗号通貨との関連は今に始まったことではありません。

デジタルコインの匿名性はそれらを犯罪者のための完璧なツールにします。

今年の初め、イギリスの警察は、資金を隠すために暗号通貨を使っていた麻薬の売人と資金洗浄業社の取り締まり中に、少なくとも300のビットコインを170万ドル以上の価値で押収しました。

6月に米国で大規模な捜査が行われ、2000万ドルの暗号通貨の押収と35人の逮捕が発生したため、大西洋全体の状況はさらに悪化しています。

違法な売買のために、匿名通貨を利用したとしても、逮捕されたり、足取りがついてしまうため、今後さらに多くの逮捕者が出る可能性があります。

Nine Arrested in South Korea for Dealing Drugs Using Crypto | Finance Magnates
South Korean authorities recently arrested nine people charged with dealing drugs on the dark net using cryptocurrencies.