韓国 仮想通貨・ブロックチェーンに関する規制を改革

ニュース

韓国の規制・組織改革


韓国金融委員会(FSC)の金融監督官が、仮想通貨・ブロックチェーンに関する規制を担当する事務局の設立に向けて、組織改革を計画していることがわかりました。

その事務局は金融革新局(Financial Innovation Bureau)と呼ばれ、韓国のフィンテック産業を育成する目的と第4次産業革命時代の金融革新をリードする再編計画の一環として、2年間の活動期間が設けられます。

これは、欧州委員会が「金融消費者をより良く保護するための主要な組織改革」を計画していることにも触れ、新しい事務局を設立し、仮想通貨に関わる消費者の保護や、フィンテック事業に関する規制の取り決めなどを担当します。

 

 

中国と金融統制の合意


韓国の金融監督院(
FSS)のユ・グァンヨル元首席副総裁が中国銀行の保険監督管理委員会副委員長と会談し、融監督協力協定の統合に合意したことを発表しました。

FSSが中国で韓国保険会社の海外支店を設立する過程を見直した結果、両国が金融機関の内部統制とマネーロンダリング防止に関する監視経験と情報交換の共有を目的しています。

仮想通貨に関連する違反を監視することができるため、両国で情報を共有することで、問題の解決を目指します。

 

 

ブロックチェーン企業の税制優遇措置


韓国
政府は経済政策担当大臣会合で、新技術であるブロックチェーン技術を使用する企業の投資負担を軽減するために、ブロックチェーン企業に対し税制上の優遇措置を適用することを決めました。

https://news.bitcoin.com/south-koreas-crypto-regulation-agreement-china/