スペインの新しい税務措置が仮想通貨保持者に影響を与える

ニュース

スペイン政府が新仮想通貨法案を作成


スペイン財務省は、ビットコインやその他の仮想通貨を保有する者が資産申告法を犯すことを許す法的な抜け穴を閉鎖しました。

Montero財務大臣は、新法では、「この仮想通貨によってもたらされた保有者とその残高の特定」を義務づけ、全ての仮想通貨資産保有者に全てを宣言する義務を負うと説明しました。

この法案は、スペインが33.8%の青少年失業者を抱える国で投資と福祉支出を賄うために余分な政府歳出を必然的に必要としているときに、税金収入をさらに8億5000万ユーロ増加させることを意図しています。

収入創出活動を支援するため、スペイン政府は、10億ユーロ以上の上場株式の購入に0.2%の税金を課す法案を提出しました。

このことが仮想通貨投資に影響を及ぼすかどうかは、発表時にさらなる情報が出てないため、現時点では不明です。

法案中のいわゆる「トービン税」条項は、スペイン政府が商業活動としての仮想通貨取引の解釈に依存して、仮想通貨トレーダにとって重要なニュースになる可能性があることについて、日中ネット取引に課税されることを示している同じセッションでいくつかの資産を売買することは、当該取引期間中に行われた取引の数にかかわらず、取引開始時および取引終了時のポジションに基づいて課税されます。

このように、スペイン政府は仮想通貨に関わっている人々が税金を払う仕組みを作り、規制と監視を強めていく方針です。

Spain Approves Law Requiring Citizens to Disclose all Crypto Holdings
The Spanish Ministry of Finance has closed a legal loophole allowing holders of bitcoin and other cryptocurrencies to skirt asset declaration laws.