スイス 銀行が仮想通貨の受け入れを開始

ニュース

2つの私営銀行が仮想通貨を受け入れ銀行取引を始める


スイスのチューリッヒにある私営銀行のFalcon PrivateとMaerki Baumannは、仮想通貨の顧客を受け入れ、銀行取引を開始することを発表しました。

スイス国内では、顧客が多い銀行ではありませんが、仮想通貨を受け入れることで、他の銀行と差別化を測ったことになります。

しかし、他の銀行は、マネーロンダリングや変動が激しい仮想通貨をビジネスにすることには積極的ではないです。

 

スイスの仮想通貨市場


スイスのツークはクリプト・バレーと呼ばれ、世界中のブロックチェーン企業が集まっている地域があったり、世界で最も急速に成長する仮想通貨・ブロックチェーン技術のハブの1つです。

スイスの経済大臣も、スイスが仮想通貨やブロックチェーンに優しい国になることを望んでいると発言しています。

しかし、スイスの銀行は仮想通貨サービスには消極的であり、ツークに拠点を構えている企業は、リヒテンシュタイン公国のような仮想通貨に優しい銀行にサービスを提供しています。

今回、2行が仮想通貨を受け入れることを発表したことで、他の銀行にも動きがあるかもしれません。

Two Swiss Banks Set to Accept Cryptocurrency Clients - UNHASHED
Cryptocurrency continues to be popular in Switzerland despite the unwillingess of local banks to do business with virtual currency firms. Two Swiss banks, howev...