スイスの銀行、イスラエルでの仮想通貨取引の準備を開始

ニュース

イスラエルがスイスと協力して仮想通貨とブロックチェーン規制を推進


スイスはヨーロッパで最も仮想通貨に対して先進的な国のひとつです。

スイスのクリプト・バレーとして知られているツークでは、仮想通貨の採用に向けて数多くの動きを先導しており、非常に健全なマイニングも育成しています。

Alprockzという新しいツークを拠点にしているスタートアップは、スイスフランをベースにした安定したコインを開発していることもあり、全国的に仮想通貨を採用した最初の国の1つになる可能性があります。

スイスは仮想通貨先進国として世界中の注目の的となっているあり、それにも良い理由があります。

スイスの財務大臣、国際金融問題担当国務長官によるイスラエルの最近の訪問についてまとめた報告書によると、スイスの銀行がイスラエルでイーサリアムなどの仮想通貨を取引できるようにするため、イスラエル市場への銀行アクセスを得るという目標を掲げて、イスラエルを訪問しています。

 

第二のスイスとなりうるイスラエル


またCCNによると、イスラエルへの訪問は、両国が仮想通貨、金融技術、ブロックチェーン規制に関して協力し合う合意を具体化しました。

まとめ報告にはブロックチェーンの規制方法とそれらの要素を準備しており、2019年に議会が承認することができ、翌年には新しい規制が実施されることを目指して年末までに提言を提出するとまとめられています。

この結果、イスラエル当局は、スイス当局と協力して、イスラエルの仮想通貨規制を策定する予定で、これまで同様に肯定的なアプローチが採択されようとしています。

CCNによると

 

「スイスの規制当局が情報交換のために多くの情報を提供していると仮定しても、イスラエルは大きな技術的ハブであると考えられます。 ビットコインのマイニング大手Bitmain社は、イスラエル西部の開発センターを3倍に大きくしてASICの製造を増やすと発表しました。昨年、イスラエルのベニヤミン・ネタニヤフ首相は伝統的な銀行と銀行の時代が終わりに近づいてきていることを示唆しており、仮想通貨が大きなターニングポイントになるかもしれない。」

と述べています。

 

イスラエルで仮想通貨の採用は実現するのか?


イスラエルがスイスと同じように仮想通貨に肯定的になるのはしばらく時間がかかるでしょうが、現在スイスの規制当局と一緒にイスラエル側が協力しているので、将来的にはイスラエルも、仮想通貨の採用をすることが予想されます。

Switzerland and Israel Collaborate on Cryptocurrency & Blockchain Regulation
The Swiss Minister for Finance Ueli Maurer recently visited Israel along with State Secretary for International Financial Matters Joerg Gasser, citing their goa...