3億人のTelegramユーザー、Button Walletで暗号通貨を直接取引する

ニュース

直接取引が可能

 

Button Walletは、Telegram Open Network(TON)でサービスのためのテストプラットフォームを開始しました。

Button WalletのRachael McCrary氏は、ユーザーの心配が暗号通貨の採用を妨げていると考えています。

Button Walletは、暗号通貨の売買を世界中の人々に近づける準備をしています。

主要なソーシャルメディアプラットフォームであるTelegramの3億人以上のユーザーは、P2Pのデジタル資産サービスにアクセスできるようになります。

 

代表の声

 

Button Walletの共同設立者でありCEOのAlex Safonov氏は

「暗号通貨の最大の障害は、大規模な採用であり、私たちが作成したものは、実際のお金を使わずに暗号通貨の取引を快適にするのに役立ちます。私たちの目標は、最大のメッセンジャープラットフォームであるTelegramの1つで、リスクなしでピアツーピアトランザクションに参加する手段を人々に提供することです。これは、消費者にメッセンジャーバンキングエコシステムの仕組みを理解し、消費者の信頼を高め、デジタル資産の市場での採用を促進するのに役立ちます。」

と話し、テレグラムのユーザーから始まり、暗号通貨の採用が普及していくサービスの提供を開始しました。

300 million Telegram users to directly trade cryptos courtesy of Button Wallet
Button Wallet is preparing to bring cryptocurrency buying and selling closer to people across the world. Over 300 million users on Telegram, a leading