10月にローンチするTelegramのGRAMトークン

ニュース

販売へ向けて

 

Telegramは、今後2か月以内に独自のデジタル通貨「GRAM」を発売する予定で、10月末には販売するでしょう。

「GRAMデジタルウォレット」は世界のTelegramユーザーの3分の2、約2億人が利用できるようになると付け加えました。

同業の敵であるFacebookに匹敵するTelegramは、GRAMをデジタル通貨として位置付け、メッセージングアプリケーションを介して普遍的に移動することもできます。

おそらくFacebookで規制当局の精査が行われたため、TelegramはGRAMで静かなアプローチを取っています。

世界中の議員がFacebookのLibraに強い反対を表明し、マネーロンダリング、テロ資金調達、金融政策の操作、プライバシーの問題を挙げています。

 

期限が迫る

 

GRAMがリリースされると、この通貨はTelegramから独立して動作します。

メッセージングおよび会話の暗号化に基づいて運用を開始するメッセージングサービスは、トークンが「コンピューターの分散ネットワーク」を介して管理されるため、Telegramはコインの動きを制御できないと述べました。

2018年に、TelegramはLightspeed CapitalとBenchmarkから17億ドルの投資を確保し、多数のロシアの投資家を獲得しました。

投資家は、投資を受けて一定量のGRAMを約束され、投資文書によると、メッセージングプラットフォームは2019年10月31日の期限までにトークンを配布する必要があります。

そうしないと、金額を返却する必要があり、GRAMの販売ピッチをあげる必要があることがわかります。

 

GRAMでショッピング

 

GRAMは、Telegramで商品を購入するためにも使用でき、InstagramでLibraを使用してショッピングができることになぞらえます。

GRAMは、Telegramが使用ケースに関して拡張を目指すTelegram Open Network(TON)に基づいています。

TONは、分散暗号化アプリケーション、チップ機能などを備えた、より大きな暗号通貨とブロックチェーンの精神を模倣するさまざまなアプリケーションを見るでしょう。

Libraのように、GRAMも世界中の規制当局の反発に直面しなければなりません。これまでのところ、今年はいくつかの有名な民間企業がデジタル資産の開発する方向に向かっています。

その際、規制当局の姿勢がどのようになるのか次第でこのような通貨の価値が決まるでしょう。

 

Telegram's GRAM token to launch in October as Libra effect begins to fade - AMBCrypto
According to the New York Times, the messaging platform has plans to make a digital wallet dedicated to GRAM, in addition to the launch of the coin...