TV-TWO ICO評価

ICO評価

TV–TWO ICOについて

TV-TWO は現在のテレビ業界における様々な問題点を解決すること目標とするドイツで生まれたプロジェクトです。

現在のテレビ業界では、面白い番組などが昔に比べるとだんだんと少なくなっている気がしませんか?

そこで、このプロジェクトは個々にパーソナライズされたコンテンツを作り上げることです。

番組の視聴中にたくさんの宣伝が入ることがありますよね。毎回この宣伝をスキップできたらなと思います。

そこで、現在は動画配信サイトが多く出てきています。これによって、観たい番組だけを観ることができ、広告などはスキップできます。コンテンツ自体も様々な種類があり、TVよりも豊富ですし、自分の好きなように視聴することが可能になっています。

広告主、ユーザー、コンテンツクリエイターはそれぞれこのTV-TWOへのアクセスは異なります。

広告主は、ユーザーに広告を観てもらいTTVのトークンを提供します。

ユーザーは、広告を見て、そこでトークンをもらう仕組みです。

コンテンツクリエイターは、自身で作成したコンテンツをユーザーに見てもらうことで、トークンをもらいます。

TV-TWOの詳細

TV-TWO公式ホームページ
https://tv-two.com/ 

ホワイトペーパー
https://tv-two.com/TV_Whitepaper.pdf

ICO時期
2018年4月24日〜5月24日
ICOで調達するハードキャップ
50,000 ETH
ソフトキャップ
2,500 ETH
シンボルティッカー
TTV
売り出し枚数
500,000,000
1 ETH = 10,000 TTVのレートで始まります。

このTV-TWOはEtheereumのプラットフォームを使用するので、ICOに参加できる通貨はETHです。ということはERC20ですね。

また、trade.ioの取引所に上場(4月OPEN)することをTV-TWOのブログにて既に発表がされているので、ICOの参加者はいつどこで上場されるのか把握できて安心ですね。

このプロジェクトチームの印象は?

大企業で経験のある人材が集結して、このプロジェクトを始動した印象があります。

また様々なICOでアドバイザーを経験してきたことのあるアドバイザーが集まっているので、ブロックチェーンに関する知識はたくさんある印象ですね。

総評

現在は、NetflixやAbemaTVなどが台頭し、TV業界に変化が起こりはじめています。この中で、TV-TWOも価値を証明し認知してもらうためにプロジェクトのプロデュースをしていくと思いますが、楽しみです。

コメント