UAE 不動産の家賃支払い方法に仮想通貨を検討

ニュース

UAEの不動産と仮想通貨


UAEに本拠を置く不動産開発会社Imkan Propertiesは、顧客に仮想通貨を使用して家賃を支払う機会の提供を検討しています。

アブダビに本拠を置くWalid El-Hindi CEOは、消費者の支払い計画の一環として仮想通貨が導入される可能性があると述べた。

Imkan Properties(不動産開発会社)は財務プログラムに新しい方法を模索し、不動産に関連する財務プログラムに、仮想通貨と新技術(ブロックチェーン技術など)の導入を検討しています。

Imkan Properties(不動産開発会社)は1年半前にアブダビ首都圏の一部として立ち上げられ、現在、アラブ首長国連邦、エジプト、モルディブを含む6カ国で26件の270億ドルを超えるプロジェクトを計画しています。

彼らは、今現在採用されている方法ではなく、将来実現可能な方法に目を向けています。

一方、ドバイに拠点を置く仮想通貨ウォレット BitOasisは、サウジアラビアの仮想通貨禁止に沿った規制の枠組みを開発するGCC(中東・アラビア湾岸地域における地域協力機構)の規制当局と協力していると述べています。

7月に、ベイカー・マッケンジー・ハビブ・アル・ムラ(国際法律事務所)の創設者兼会長は、仮想通貨がすぐに規制される可能性があると述べています。

https://www.albawaba.com/business/uae-real-estate-developer-offer-crypto-payments-feature-1176086