ウクライナ政府、暗号通貨を合法化する計画

ニュース

グレーゾンから脱却

 

ウクライナ政府は暗号通貨を合法化する計画を立てています。

ジタルトランスフォーメーション省副大臣であるAlexander Bornyakov氏は、最近のプレゼンテーションで、Mikhail Fedorov 大臣が合法化を承認すると述べました。

Bornyakov氏は、ウクライナでは現在、暗号通貨は違法ではないと強調しました。

しかし、暗号通貨を明示的に合法化するための措置を講じることは、ウクライナとその政府に課税を通じて利益をもたらすでしょう。

Bornyakov氏によると、

「暗号通貨に携わっている人々はグレーゾーンから脱出し、税金の支払いを開始する必要があります。 将来的には、ウクライナが暗号通貨トレーダーから稼ぐこともできると見ています。」と述べています。

 

政府と連携

 

ウクライナのデジタルトランスフォーメーション省が、ウクライナ政府との連携をデジタルサービスとのやり取りと同じくらい簡単にすることを目指しているため、暗号通貨を合法化する動きが始まります。

Fedorov 大臣によれば、政府とのやり取りは

「便利で邪魔にならないようにする必要があります。そうすれば、Uber、Booking、Airbnbを注文するときと同じように、国家とやり取りするときに安心できます。」と述べています。

 

https://www.theblockcrypto.com/linked/41404/the-ukrainian-government-plans-to-legalize-cryptocurrency