韓国 Upbitがタイとインドネシアで取引所サービスを展開

ニュース

Upbit社の最新事業拡張計画


韓国の仮想通貨取引所のUpbitは、世界的な事業拡大計画の一環として、タイとインドネシアで新しい取引所を開始し始めました。同社は最近シンガポールでの取引も開始しています。

タイとインドネシアの取引所展開に向けた韓国の最大の仮想通貨取引所の1つであるUpbitは、タイとインドネシアで現地語で仮想通貨を販売しており、現地人向けに取引所のサービスを展開しています。

Upbitは「両方の国が仮想通貨業界の成長の可能性を高く評価している」と述べています。

Upbitは、国内で最も人気のあるチャットアプリ「Kakaotalk」を運営するKakao Corp.の関連会社であるDunamu Inc.によって運営され、米国に拠点を置くBittrex社とも提携している世界的にも大きな取引所です。

 

Upbitのタイのウェブサイト


現在は、サービスが「クローズド・ベータ」段階にあり、現在限られた数の早期登録者に対してのみ利用可能であり、131の仮想通貨と241の取引ペアがリスト予定です。

 

Upbitのインドネシアのウェブサイト


タイと比べるとまだサービス開発はされていません。

「米国のプレミアム・エクスチェンジ・パートナーであるBittrexから最新の仮想通貨を購入して販売する」と、フロントページに表示されるメッセージがあります。

取引できる通貨は、156枚の仮想通貨と276の取引ペアです。

 

海外展開をする理由とは


海外事業展開に尽力しているUpbitの代表は、

「この時期を逃すと大きなチャンスを失う絶望的な状況にあり、韓国国内の仮想通貨の状況は様々な規制のために良いものではないが、競争は激化している。」

と述べました。

韓国国内の環境が改善するのを待っていれば、Upbitは世界市場で後退することを懸念しているため、世界に進出してサービスを拡大しています。

South Korea's Upbit to Launch Crypto Exchanges in Thailand and Indonesia - Bitcoin News
South Korean cryptocurrency exchange Upbit has reportedly started marketing new crypto exchanges in Thailand and Indonesia as part of its global expansion plans...