ベネズエラ、最初のビットコインATMを設置

ニュース

暗号通貨需要が増加

 

ビットコインの取引量が比較的高い量であったにもかかわらず、ベネズエラでようやく最初のビットコインATMが設置されました。

CoinATMRadarによると、ラテンアメリカの会社PandaBTMは、サン・アントニオ・デル・タチラという都市に暗号通貨ATMを設置され、このATMは、コロンビアに向かう幹線道路のそばにある小さなコンビニエンスストア内にあります。

ATMは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、DASHに加えて、ソブリンボリバル(ベネズエラの公式通貨)およびコロンビアペソを扱っています。

ベネズエラでは外貨の使用が一般的です。しかし、この経済危機の中で、この地域でのビットコインへの関心が高まっています。

コロンビアは現在、ラテンアメリカで最もビットコインATMを保有している国であり、PaxfulとCoinlogiqが提携して全国に20台以上のATMを設置したおかげで、この数はほぼ2倍になりました。

ベネズエラの暗号エコシステムを拡大する他の取り組みには、PundiXとベネズエラ最大の小売チェーンであるTrakiの最近のパートナーシップが含まれます。

デパートは、ベネズエラの49か所に物理的なPOSシステムを設置して、顧客がビットコインやその他の暗号通貨で支払いできるようにする計画です。

 

http://www.iran-daily.com/News/258768.html