ベネズエラ:仮想通貨ペトロに特別期間を設定するも、現状は問題点だらけ

ニュース

「特別期間」とは


ベネズエラ政府は、全国的な仮想通貨であるペトロを今年購入した場合は、あらゆる仮想通貨に交換できると発表しました。

しかし、ペトロのウォレットはまだ完成しておらず、ペトロの購入者は購入証明書のみを受け取っています。

ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領は、先週、仮想通貨資産と関連活動(Sunacrip)の監督本部を訪問し、ペトロ貯蓄計画にサインすることを発表しました。

Sunacripは、ベネズエラのすべての仮想通貨関連活動の規制を担当しています。

訪問中、マドゥロ大統領は国民が仮想通貨を購入するための新しいインセンティブを提供しました。

それは、12月31日までにペトロを購入する人は、ビットコインをはじめとする仮想通貨や元などの国際的な通貨に変換できるものです。

11月5日に開始されたペトロ貯蓄計画は、90日、180日、および270日後に償還されることが可能であり、3カ月以内に、当時のペトロの価値あるものを受け取ることができます。

 

問題点が多いペトロを購入しても、、


Sunacripによると、ベネズエラ人と政府関係者の多くは、10月29日に発売されて以来、ペトロを購入しています。

その間、ペトロ自体は、仮想通貨の通常の特徴のいずれも持っていないのです。

ペトロの公式ウォレットはまだ入手できません。

これまではGoogleで利用可能だったペトロウォレット用のAndroidアプリは、Googleによって削除されました。

さらに、公開されているペトロコードを持つコード保管は存在しないため、その存在または機能の独立した確認は不可能です。

ネットワークアクティビティ、確認時間、トランザクションスループット、マイニングハッシュレート、その他の基本的な仮想通貨の情報など、Petroネットワークの健全性を示す公開されたチャートやデータもありません。

ホワイトペーパーによる1分に1ブロックのブロック生成時間ですが、政府独自のブロックエクスプローラは、現在、公開されて最初のブロックが表示されてから1ヶ月にわたって、合計743ブロックしか表示されていないため、問題があるように思えます。

実際にペトロが機能するのか、不安な点が多くあり、今回の発表を受けて多くの国民が購入することになった場合、その後の対応が重要です。

Venezuela: Petro Can Be Converted Into Any Cryptocurrency If Bought This Year - Bitcoin News
The Venezuelan government has announced that its national digital currency, the petro, can be exchanged into any cryptocurrency if purchased this year. However,...