ベネズエラの経済学者、暗号通貨は「良い」金だが、ボリバルは違う

ニュース

経済復興の手段

 

ベネズエラでの暗号通貨の採用は、最初は超インフレによるもので、後にドル化によるものであり、国の経済再建に何らかの役割を果たすようになる可能性があります。

現在の自国のドル依存性の理由を分析した、暗号通貨に関してベネズエラで歯に衣着せぬ発言をする経済学者、Aaron Olmos教授は、2年以上にわたってこのテクノロジーについて講演してきました。

さらに、国内で最も著名なビジネスカレッジであるIESAのブロックチェーンに焦点を当てたプログラムを先導しています。

国営テレビでのいくつかの出版物、会議およびインタビューで、経済学者は暗号経済とその採用の意味についてベネズエラ国民に教えることへの情熱を示しました。

彼の新しいインタビューの中で、 何十年にもわたる貧弱なベネズエラ経済運営の結果、ボリバルの価値の下落が加速するにつれて暗号通貨の使用が加速しているという状況をもたらしました。

また

「ドルや暗号通貨といった「良いお金」が手に入るので、ベネズエラは複雑な状況にありますが、人々がそれを使うのではなく、それを保つ傾向があるので、稀な状況です。一方、私たちの「悪いお金」、つまりボリバルが法律で使われているものです。ボリバルは流通している私たちの公式通貨ですが、実際の機能通貨は米ドルであるため、商品やサービスの価格に歪みを生じさせることになるのです」

 

解決策としての暗号通貨

 

しかし、この危機の真っ只中で、Olmos氏は、「採用はすでに始まっている」ので、暗号通貨が解決策の形成に役立つ可能性があると考えています。

生産の再活性化と新たな投資源の創出とともに、国の経済問題への答えは、1990年代にブラジルで蔓延しているインフレを克服するためにブラジルで使用されていたものと同様の二重循環システムを導入することです。

このように、暗号通貨は商取引における負担の一部を担い、それをボリバルと共有することになります。

Olmos氏は、ベネズエラ憲法の現在の法律では、再調整計画の一環として支払いに暗号通貨を使用する可能性が排除されているとは考えていないと述べた。

経済学者は、「その使用を認識し、それが適切かつ一時的に機能するための開発のためのスペースをいくらか与えることができる」と述べ、ボリバルの価値を高めることが最終目標であると強調しました。

経済回復計画の一環としてペトロが含まれる可能性について尋ねられたとき、彼はそれを完全に否定し、「ペトロは介入、権力集中、強制使用に基づく構造を持っているのでうまくいっていない」と付け加えました。

 

一つの国の二つのビジョン

 

もちろん、結果は誰がベネズエラの未来を手に入れるかによって定義されます。

Olmo氏が述べているように、1月10日から、ベネズエラは同じ国の2つのビジョンを持っています。

理論的にはブロックチェーンと暗号通貨を含む2019年から2025年までの経済計画があります。 「しかし、この文書は誰にも公開されていませ」と彼は言った。

その一方で、国会議長のJuanGuaidó氏が担当する政権として、ベネズエラの復興計画の中で暗号についてこれ以上の意見は出されていないため、どのような立場がとられるのかは不明です。

Venezuelan Economist: Cryptocurrency Is 'Good' Money, Bolivars Are Not - CoinDesk
The adoption of cryptocurrencies in Venezuela could contribute to economic recovery, argues one local economist.