ベネズエラの中央銀行、銀行準備金にBTCとETHを追加することを検討

ニュース

暗号通貨を準備金に

 

ベネズエラの中央銀行は内部テストを実施して、国際通貨準備金に暗号通貨、特にBTCとETHを追加できるかどうかを判断しています。

このテストは、国有の石油および天然ガス会社であるPetroleos de Venezuela SA(PDVSA)の要求に基づいて行われました。

PDVSAは、ベネズエラの中央銀行に、入手したBTCとETHを使用して、会社のサプライヤーに代わって支払うように求めています。

米国の制裁により、PDVSAはクライアントやサプライヤーとの取引に苦労しました。大手銀行は、同社とのビジネスルートの開設を避けているためです。

PDVSAがどのようにBTCとETHを手に入れることができたかは不明です。

その保有の価値も不明確です。

2018年、ベネズエラ政府は、国の石油備蓄に支えられた国発行の暗号通貨であるペトロを立ち上げました。

最近では、政府関係者がペトロの使用を奨励するためのさまざまなプラットフォームを立ち上げ、国民に普及し始めています。

 

https://www.theblockcrypto.com/linked/41154/venezuelas-central-bank-is-exploring-the-addition-of-bitcoin-and-ether-to-its-reserves