Vertexが日取引量世界一を誇る取引所であるBinanceに投資

ニュース

シンガポールの仮想通貨取引所


Vertex Venturesはシンガポールの法定通貨と仮想通貨を取引できる取引所プラットフォームを開発するために仮想通貨取引所に投資したと語りました。

ブルームバーグによれば、資金調達はVertex Ventures ChinaとVertex Venturesの東南アジアとインドの共同投資ですが、投資額はまだ明らかにされていません。

政府が保有するシンガポールの持株会社であるテマセク・ホールディングスは、Vertexにとっては限られたパートナーですが、テマセク社はこの取引で直接的な役割を果たしていないと言われています。

Vertexは、この地域で最も歴史のあるベンチャーキャピタル企業であり、この投資は、他のどの地域よりも早くアジアで成長している仮想通貨業界が認められるためのもう一つの制度上の賛同となります。

 

記事では、Binanceは次のように述べています。

「世界中で数多くの成功を収めてきたVertex Venturesの投資は、Binance Singaporeの巨大な成功の可能性を証明しています。近年、伝統的な機関投資家のブロックチェーンへの参加機会がますます活発化しており、アジアの大手投資家からの支持がこの地域にとって重要な節目となっています。

 

バイナンス取引所の海外支店


シンガポールドルとの仮想通貨の交換は、年末までに開始され、ユーザーはシンガポールドルで仮想通貨を購入できるようになる予定です。

香港、そして今マルタに本拠を置くBinanceは、BitcoinやTetherなどのドル建ての安定した取引で取引ペアを提供する仮想通貨専門の取引所です。

Binanceは、ウガンダにウガンダシリングを使用してBitcoinとEthereumを購入できるようする仮想通貨取引所プラットフォームをオープンしました。

これは、アフリカ市場への玄関口として宣伝されています。

特定の国では、AML(アンチマネーロンダリング防止)やKYC(顧客確認)規制が必要なため、中国やインドなどの一部の政府が禁止する規制があるため、仮想通貨取引所プラットフォームに対する法定通貨の導入が困難な場合があります。

本質的に、彼らはしばしば銀行と同じ識別証明を必要とし、匿名性と潜在的な犯罪要素を仮想通貨取引から取り除く必要があります。

シンガポール、韓国、日本、タイを含むアジアのいくつかの国々はすべて暗号プラットフォームに対応しており、現在この法定通貨と仮想通貨の取引を支援しています。

シンガポールはブロックチェーン投資の拠点となっており、中国の一連の弾圧に伴い、この地域の仮想通貨新興企業の集合地になっています。

Singapore fund invests in world’s largest crypto exchange
Region's oldest venture capital firm, Vertex, part-owned by Temasek, has invested in Binance to help exchange accelerate Southeast Asia expansion