ウエスタンユニオン、仮想通貨の使用を採用

ニュース

仮想通貨の導入に向けて


伝統的な機関がもはやクライアントの期待に応えることができなくなるにつれて、仮想通貨は日々より主流になりつつあります。

米国に本拠を置く世界最大級の国際送金サービス事業者であるウエスタン・ユニオンは、支払いのために仮想通貨の使用に関心を示しています。

これは、ロイター・プラスとのインタビューの中で、アルメイダ会長によって明らかにされました。

彼によれば、同社は、仮想通貨が世界的に広く受け入れられるようになると、法定通貨に交換したい利用者のために仮想通貨の導入をオプションとして検討してきました。

さらには

「ウエスタン・ユニオンは今日、あらゆる種類の通貨を採用する準備が整いました。すでに130の通貨で運営しています。ある日、私たちのプラットフォームに仮想通貨を導入するのが正しい戦略だと感じたら、技術的にはもう一つの通貨に過ぎません。私は仮想通貨が人と企業の間で交換される世界中の通貨、すなわち資産のもう一つのオプションになるかもしれないと思う。それが起これば、私たちは立ち上げる準備ができている」

と述べました。

ウエスタン・ユニオンは、金融サービスおよび通信会社です。

1851年に設立され、同社は多くのサービスを提供し、そのうちの1つは人から人への支払いです。

そのサービスは世界中の200カ国以上で利用可能です。

 

仮想通貨の需要と将来性


仮想通貨市場は状態は良好とは言えませんが、仮想通貨が従来の機関よりも優れた手頃な価格のサービスを提供するため、将来の採用は大きな可能性があります。

しかし、会長は、ボラティリティ、ガバナンス、コンプライアンスなどの仮想通貨の採用に3つの課題を挙げました。安定した通貨がこれらの問題を解決するのに役立っています。

Rippleのような仮想通貨会社は、世界中の支払いサービスのレンダリングにおいて既に非常に競争力があります。

現在、世界中の銀行や他の金融機関を含む数百の顧客がリップルの決済プラットフォームを使用して、ユーザーに迅速かつ手頃な支払いを提供しています。

ウエスタン・ユニオンは6月にリップルのブロックチェーンを試しましたが、支払いのための技術の採用を保証するコスト効率は発見できませんでした。

Hikmet Ersek社のCEOは

「ウエスタン・ユニオンは費用対効果の高いものではないと常に批判されているが、テスト中にその効率性の一部を見ていない。実用上の問題はまだ高価なことだ」

と述べています。

仮想通貨の採用が増え続けるにつれて、仮想通貨とブロックチェーンの技術が世界のすべての分野で主要な技術になるまで、より多くのデジタル資産が採用されるようになるでしょう。

World’s International Payment Giant Western Union to Adopt the use of Cryptocurrency
Western Union, a leading financial services company based in the United States has indicated interest in the use of cryptocurrencies for