Zaifの使用方法

取引所

 

仮想通貨を取引するには取引口座が必要です。

 

「とりあえずいくつか口座を開いてみたけど使い方がよくわからない…」という方も少なからずいると思います。なので今回は国内で非常に注目を集めているZaifという取引所の使用方法を説明していきます。

 

 

入出金方法

 

入金方法

 

まず仮想通貨を購入するには、入金をしなければなりません。

 

画面右上の[取引]をクリックし、[入出金]をクリックします。

 

その次に入金方法を選択します。

 

Zaifには3つの方法があります。

 

・銀行振込による入金

・コンビニ決済入金

・ペイジー入金

 

 

銀行振込の場合

 

 

 

 

Zaif取引所が指定する銀行口座へ振り込みをします。

自身の取引口座への入金の反映は銀行営業時間内であれば早くて数分以内、銀行営業時間外であれば翌銀行営業日に反映されます。

 

※住信SBIネット銀行からの振込は、通常の銀行営業時間外でもほぼリアルタイムに処理され、振込手数料も無料なのでおすすめです。

コンビニ決済入金の場合

 

Zaif取引所でコンビニ決済の手続き後、選択したコンビニで支払います。

コンビニ決済は、24時間対応で支払い後数分から1時間程度で入金が自身の取引口座へ反映されます。

 

※入金可能額は500円以上299,400円までとなっています。

ペイジー入金の場合

 

 

Zaif取引所でペイジー入金の手続き後、ペイジー入金に対応した銀行で支払います。

ペイジー入金は、24時間対応でお支払い後即時に入金が反映されます。

 

※入金可能額は500円以上999,400円までとなっています。

 

このような方法で日本円の入金を行います。

 

仮想通貨入金に関して

 

ビットコインの場合

 

日本円と同様に画面右上の[取引]をクリックし、[入出金]をクリックします。

 

ビットコインのマークを選択し、[入金]をクリックします。

 

下にスクロールし、表示されているアドレスに送金をします。

 

出金方法

 

日本円の場合

 

[アカウント]を選択します。

 

日本円のマークを選択し

 

[出金]をクリックすると、この画面が出てきます。

 

出金口座を確認して[出金申請]をクリックし出金します。

 

日本円の出金口座を登録していない方は、

画面上にある[JPY出金先口座の登録/変更はこちら]を選択します。

 

[新規追加]を選択します。

 

必要な情報を入力し、日本円の出金口座の登録は完了です。

 

仮想通貨の場合

 

日本円と同じように[アカウント]を選択します。

 

ビットコインのマークを選択し、[出金]を選択します。

 

必要な情報を入力し、[出金]を選択し完了です。

 

入出金手数料

 

手数料は以上の通りです。

 

入金手数料を無料にしたい方は、住信SBIネット銀行からの振込がおすすめです。

 

Zaif取引所が住信SBIネット銀行の口座を利用しており、同行他店からの振込手数料が無料なのです。

これはZaifに限らず、他の主要取引所であるbitFlyerやCoincheckも住信SBIネット銀行の口座を利用していますので、仮想通貨に関心のある方は住信SBIネット銀行の口座を開設しておくと便利です。

仮想通貨の売買方法

 

取引所での売買方法について

 

それでは、仮想通貨の売買方法について説明いたします。

 

Zaifには、取引所と販売所があります。この2つの違いについて簡単に説明しましょう。

取引所と販売所の大きな違いは、売買する相手です。

取引所で売買する相手はユーザーのため、取引にかかる手数料は少ないです。

販売所で売買する相手はその販売所、つまりZaifとなり、販売所が決めた価格でしか売買を行うことができないため、手数料が取引所に比べて多くかかります。

 

取引所の場合

 

トップページの[取引]を選択すると、こちらの画面になります。

 

画面の左上から通貨ペアを選択しましょう。どの通貨とどの通貨の売買取引を行うかを選択します。例えばビットコインを日本円で購入する場合は、「BTC/JPY」を選択し、「現物買い」が選択されていることをまず確認しましょう。

続いて、「板」と呼ばれる[売買注文]の部分を見てください。こちらの上側の緑の部分がを「売り板」板の下側の赤の部分を「買い板」と呼びます。

 

例えば、今すぐに1 BTCを購入したい場合は、緑色の846165を選択します。すると、[現物買い]の価格欄に846165が入力され、[買いたい量]の欄に1BTCを入力し、[買い注文]を選択し、しばらくすると注文が完了します。

 

販売所での売買方法について

 

販売所の場合

 

 

トップページの[簡単売買]を選択すると、こちらの画面になります。

 

このZaifの販売所で取引できるのは、ビットコインとモナコインの2通貨です。

 

売る場合には青色、買う場合には赤色に数字を入力し、取引を行います。

 

Zaifの取引手数料

 

取引手数料は以下になります。

 

 

取り扱い銘柄

 

Zaifではビットコインをはじめとする仮想通貨、トークンが購入可能です。

 

仮想通貨

・Bitcoin(ビットコイン)

・Ethereum(イーサリアム)

・NEM(ネム)

・Monacoin(モナコイン)

・Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

 

トークン

・ZAIF(ザイフ)

・XCP(カウンターパーティー)

・BITCRISTALS(ビットクリスタルズ)

・SJCX(ストレージコインX)

・FSCC(フィスココイン)

・PEPECASH(ぺぺキャッシュ)

・CICC(カイカコイン)

・NCXC(ネクスコイン)

・JPYZ(ゼン)

・CMS(コムサ ERC20トークン)

・CMS(コムサ Mosaic)

 

 

このようにZaifでは、Bitflyerやcoincheckでは取り扱われていない銘柄が多くあることも、特徴の1つです。

 

以上でZaifの使用方法は終わりです。取引口座の使い方は大体わかったと思います。

 

早速通貨を購入して仮想通貨を始めてみましょう!