Zcashとは

仮想通貨の種類

Zcashとは

 

 

 

Zcashの誕生

 

Zcashとは2016年10月28日に発行された暗号通貨です。

ビットコインの弱点を克服することを目的として開発された通貨です。

では、ビットコインの弱点とは一体何なのでしょうか?それは送金者と受信者のアドレス、取引内容、履歴などの取引に関わる情報が全てオープンであることです。この弱点を克服するために、Zcashはそれらの情報を全て隠せることができる「ゼロ知識証明」と呼ばれる技術によって、匿名性が非常に高い暗号通貨として誕生したのです。

 

Zcashの特徴

 

・第二のビットコインと呼ばれている

・ゼロ知識証明

・高い匿名性

 

Zcashが第二のビットコインと呼ばれている理由

 

①トランザクションの合意方法が同じ

②発行上限が2100万枚で同じ

③半減期が4年に1回

ビットコインと同じZcashの合意方法はプルーフオブワークという合意形成アルゴリズムでEquihashというアルゴリズムが使われています。

その上でビットコインにはないzk-SNARKsと呼ばれる「ゼロ知識証明」という技術で取引に関する情報を一切明かすことなく取引の正当性を証明にしています。

そのため匿名性を持たせたZcashはビットコインを進化させた第二のビットコインと呼ばれているのです。

 

ゼロ知識証明とは?

 

ゼロ知識証明(ぜろちしきしょうめい、zero-knowledge proof)とは、ある人が他の人に、自分の持っている(通常、数学的な)命題が真であることを伝えるのに、真であること以外の何の知識も伝えることなく証明できるようなやりとりの手法である。ゼロ知識対話証明(ZKIP)とも呼ばれる。(Wikipedia)

 

例題

洞窟の問題の例である。ここで、証明者はP(Prover)、検証者はV(Verifier)と略すのが一般的なのでこれを用いて説明する。

Pさんが、魔法の扉を開くための合い言葉を手に入れたとする。その魔法の扉は、ある洞窟の一番奥にあり、洞窟は途中で分かれて奥でつながっていて魔法の扉で仕切られているとする。

Vさんはお金を払ってでも合い言葉が知りたいが、Pさんが本当の合い言葉を知っていると確認できるまでは払いたくない。Pさんは教えてもいいが、お金をもらうまでは教えたくない。そこで二人は、合い言葉そのものは教えることなく、正しい合い言葉を知っていることだけ証明する方法を使うことになる。

まず、Vさんは洞窟の外で待ち、Pさんだけ入る。左右の分かれ道をそれぞれA,Bと呼ぶことにすると、PさんはAかBどちらかの分かれ道をランダムに選んで奥に入ることになる。次にVさんは分かれ道の入り口まで行き、どちらかの道をランダムに選ぶ。そしてPさんに、ランダムに選んだその道から出てきてほしいと大声で伝える。Pさんが合い言葉を知っているならそれに答えるのは簡単である。もし反対側なら魔法の扉を開けて通るだけでよい。VさんはPさんがどちらから入ったのかは知らないという点に留意。

もちろん、実はPさんが合い言葉を知らないという場合もあり得る。この場合、入った道から出てくることしかできない。Vさんがランダムに出てくるべき道を選ぶので、Pさんがリクエストに応えられるのは50%の確率である。もしこの二人がこの試みを何度も繰り返せば、Pさんがすべてのリクエストに応えるのはほとんど不可能になる(20回繰り返したら、約0.0001%となる)。これなら、複数回のリクエストに応えられたならVさんはPさんが確かに合い言葉を知っていると納得できる。

この例だと、そんな複雑な手続きをせずにVさんがPさんに「片方の道から入って反対の道から戻ってこい」と言うだけで証明ができるようにも思えるかもしれない。しかしこの方法だと、確かに証明はできるものの、合い言葉を盗めてしまう可能性が残ってしまうのだ。Pさんが入る道はランダムに決め、それをVさんがわからないようになっていてこそ、VさんがPさんの跡をつけて合い言葉を盗み聞きするのを防ぐことができる。これは、露出する情報を最小限にするために重要な点である。(Wikipedia)

 

このようにある命題が正しいことを証明する場合、相手に「その命題は正しい」ということ以外は何も伝えずに示す方法は複雑な手順を踏むことになります。これによって、デジタル署名などの秘密知識を所持していることで、本人であることを他人に示したいが、この秘密自体を誰にも開示しなくてすむ認証方式が可能となり、誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性が証明できます。

 

高い匿名性

Zcashは「ゼロ知識証明」により高い匿名性を持っているため犯罪や闇サイトで使われる可能性があります。実際に有名な闇サイトであるアルファベイにて2017年7月1日より使用されたのは有名な話です。ビットコインの場合、犯罪、マネーロンダンリグ等に使用されたとしてもブロックチェーン上にオープンソースとして公開されているため現金化された場合でもどこの誰が取引をしたことがわかります。しかし、Zcashの場合、高い匿名性を実装しているため、悪事で使用された場合でも追跡することは困難であり、この高い匿名性はサイバー犯罪者界隈には非常に人気が高いです。

 

Zcashの将来性

 

Zcashのように高い匿名性を持ち、特定の業界や市場で人気を持つ通貨は、将来性を期待できるでしょう。これから技術課題をアップデートしていくことで、どのように使用されるか注目ですが、ビットコインをはじめとする暗号通貨が普及すれば、誰がどのように使用し、取引したかわかるため、国も課税しやすいなどありますが、Zcashについても規制がかけられる可能性があるかもしれません。

 

Zcashの購入方法

 

Zcashの取り扱いがある海外の有名仮想通貨取引所は以下です。

 

*Bitfinex(ビットフィネックス)

 

香港の仮想通貨取引所であり、取引量が多くあり人気の取引所です。

 

*Poloniex(ポロニエックス)

 

アメリカの仮想通貨取引所です。60種以上の仮想通貨を取り扱っています。

 

*HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

イギリスの仮想通貨取引所です。ICOを終了した仮想通貨を多く上場させています。

 

*Bittrex(ビットレックス)

 

アメリカの仮想通貨取引所であり、数多くの仮想通貨を取り扱いしています。

 

*bithumb(ビッサム)

 

韓国の大手の仮想通貨取引所です。韓国国内取引量のシェア60%を誇っています。

 

*BINANCE(バイナンス)

 

中国の仮想通貨取引所です。日本語にも対応しているため、日本人でも使いやすいのが魅力的です。

 

仮想通貨の事を簡単に調べただけでも、数多くの仮想通貨があることに驚くことでしょう。
どのような仮想通貨があるのか、その特徴と有利・不利な点は何か、わかりやすく解説します。